学童期の子供

tickets

小学校に入る学童期になると親の手を離れますから、子育ては一段落つきます。しかし、今度は子供の教育を考える必要が出てきます。学習塾や習い事に通わせたり、参考書や文房具を購入するなど子供の教育に費用がかかります。学童期の子供を育てる楽しみのひとつに、その日学校で何があったのか聞くことがあげられます。

今日はどんなことを勉強したのか、誰と遊んだのか、子供はその日学校で起こったいろんなことを教えてくれます。親は自分が子供だった頃のことを、子供を通して思い起こすこともできるでしょう。大人になると、それほど毎日目新しいことは経験しなくなりますが、子供時代は違います。毎日が新しい体験の連続であり、それまでの経験にないことが起こります。そんなとき、子供に助言するのも親の役目です。子供とのコミュニケーションが足りないと、そんな貴重な子供の体験談を聞き出すことができなくなるでしょう。

夏休みや冬休みなどの長期間の休みには、子供の行きたい遊園地や動物園に連れていくこともあります。これらは、大人になったら行かなくなる場所なので、大人も童心に返って楽しむことができるでしょう。子供を通して、自分の子供の頃を思い返すことができるかもしれません。